キャリアコンサルタント 過去問題

キャリアコンサルタント 過去問

国家資格キャリアコンサルタントの試験内容は誰もが気になるところですね。

 

キャリアコンサルタント試験で気をつけなければいけない事は、異なる2つの機関で試験が行われているという事です。

 

それぞれ公式HPで過去問題、合格率が記載されていますので確認してください。

 

学科試験は両方同じ内容で、実技(論述試験)だけそれぞれ違ってきます。

 

特定非営利活動法人日本キャリア開発協会(JCDA)

 

過去問はこちら

 

特定非営利活動法人キャリア・コンサルティング協議会

 

過去問はこちら

 

キャリアコンサルタントの試験科目

試験科目は次のとおりです。

  • 職業能力開発促進法その他関係法令に関する科目
  • キャリアコンサルティングの理論に関する科目
  • キャリアコンサルティングの実務に関する科目
  • キャリアコンサルティングの社会的意義に関する科目
  • キャリアコンサルタントの倫理と行動に関する科目

 

傾向と対策

キャリアコンサルタントの国家資格は平成28年8月に第1回の試験が行われて歴史は浅いですが過去問題が見れるのがいいですね。

 

学科試験は共通問題、実技試験は問題が異なっています。

 

問題が異なれば試験結果も異なるのが当然ですが、第1回、第2回ともキャリア・コンサルティング協議会の方が合格率が高かったです。
ただしその後はいろいろ変わっていってます。

 

自分は第5回で日本キャリア開発協会(JCDA)の方で受けましたが落ちました(涙)

 

そこで、受かった人に勉強した事を聞きましたので参考にどうぞ。

 

キャリアコンサルタント 試験対策 【学科・実技】

 

試験結果・合格率


おすすめスクール

ヒューマンアカデミー キャリアコンサルタント 資格

ヒーマンアカデミーならキャリアコンサルタントの国家資格を受ける為の受験資格が最短2.5ヶ月〜得られる。受講金額が良心的
30年以上のヒューマングループが、今までキャリアコンサルタントを輩出してきたノウハウや実績を活かして学習可能
合格はもちろん、資格取得後の実践力を重視した講座内容。 学習サポートや就職や転職の相談とバックアップがあり安心。

無料の資料請求はネットから簡単


↓お迷いの方は比較(約1分で簡単)↓

キャリアコンサルタント 一括資料請求

トップへ戻る